恋落ち・・・チャームポイントは眠たげな目、らしい女子の日々奮闘気。
プロフィール

カナリヤ

  • Author:カナリヤ
  • もうすぐ25歳。
    現在、ごましおダーリンはせっちとお付き合い中。
    年内に入籍予定。

    メガネ・BUMP・モス・カラオケ・喫茶店・ディープインパクト(お馬さん)が大の好物。
    本屋に1年半勤務の後、現在は地元密着型ケーキショップに勤務中。

    只今のおすすめ本は、『まいにちトースト』


    『手づくりする手紙』
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
 スポンサーサイト
--/--/--//--///--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 寝言。
2005/12/30//Fri///09:48


本日仕事納めです
今日からもう荷物がストップしてるので、納品は昨日やっちゃったし、主にレジに入ることになるだろうなあ。
あと、棚の整理もしとこう。
っていうか、うちのお客さんたちはほんとに、自分で頑張ってお目当ての本を探すっていうことができない
来店して一発目に店員のもとにやってきて、
「~っていう本ちょうだい」。
タイトルがわかる場合はまだマシです。
ちょっとは頑張って探してみようよ~とか思いつつも、取って来てあげます。
凄く困るのが、タイトルも著者も出版社もわからない本。
内容とか言われて、今流行ってる本とかだったらこれだろうなあってピンとくるものもありますけれど、
「タイトルになあ、『愛がなんたら』ってつくねん」
と、おばあちゃん。
あいまい検索に『愛』というキーワードだけ入れると、ぼう大な量が上がってくるし、その中で最近発刊された本を、これですか~?って聞いてみても、
「そんなんやったかなあー、よう覚えてへんからわからんわー」

……そんなんわたしもわからんわー!!


はせっちが昨日、寝言言ってました。
何だか凄く苦しげだったのに気づいて起きて、
「どうしたん?だいじょうぶ?」
って聞いてみたら、
「これは解決するから!」
って言われて、ああ、何か苦しくなくなる方法があるんや、なんかの発作かなんかなのかなあ……
と思ってしばらく見守っていると、また穏やかな寝息に戻っていきました。
「もうだいじょうぶなったん?」
と話しかけてみても、応答なし。
今朝起きてから昨夜のことを聞いてみると、
「おれ、そんなん全然知らんで……」
……何を解決したんだろう



スポンサーサイト



 むちゅー。
2005/12/28//Wed///10:32


最近はせっちは、ちゅーするときに、
「むちゅー……」
って言うんです(笑)

みなさん、今年のクリスマスはいかがお過ごしでしたか?
わたしはというと、はせっちとぺったりこでした。
両人ともフルでお仕事だったんですけれど、終わってからケンタを買って帰って、ふたりでシャンパンで乾杯しました。
ふたりともかなり疲れきってたんだけどね。
だって、あれ?ここ、スーパーのレジとかじゃないよね!?
ってくらい、レジ凄い行列になってたんだもん。
さばいてもさばいても全然消化できなくて、だんだん声はかすれてくるし、カバーかける手がふるえてくるし、大変でした。
クリスマスに本をプレゼントするひとって結構いるんだねえ。
HGの本を「クリスマスラッピングで……」って照れくさそうに男性客に言われたときは、こっちもかなりもじもじしながら「かしこまりました」って受け取り、心をこめてHG本をラッピングしたもんでしたよ。
ちなみに、クリスマスの翌日、所用があって従妹の家へ行くことがあったんですけれど、こたつの上にとっても切ない手紙のやりとりの跡が。
一番末っ子の小学3年生のT子の、時間かけて丁寧に書いたんだろうなあ……と感じた、
『サンタさんへ。T子は、ニンテンドーDSが欲しいです。できればどうぶつのもりのカセットも欲しいんです。いそがしいと思うけど、よろしくおねがいします。○○T子。』
という手紙に対して、そのかわいらしい文字の上から太い赤マジックで、
『無理です。サンタ。』

……T子、頑張ってお年玉を貯めるんだ!!


●11月14日のコメントへのお返事●

askさんへ
お久しぶりですー
なんかねえ、ほんとはもちょっと頑張って毎日書きたいと思うんだけれど、いつもPCを開ける前に力尽きちゃうんですよねえ(苦笑)
4℃のゆびわ、とってもお気に入りなんです★
クリスマス、仕事忙しくてすっごいキリキリしてたんだけど、仕事終わってこのゆびわつけると、ふんわりやさしいきもちになれました。
わたしも雑誌とかで指くわえて、みてるだけ~だったので、実際貰えることになって凄くうれしかったです






 4℃
2005/12/14//Wed///00:57


何か久々に書くと山盛り書きたいことがあるよ。
とりあえず、どうしようもなくうれしかったことをどぱーんと綴ろう。

200512140023000.jpg

はせっちがくれました。
一足早めのクリスマスプレゼント。
4℃のです。
4℃のアクセサリーは貰うのもつけるのも初めて
つけ心地は抜群です。
めちゃんこ可愛いし、もうほんとに嬉しかった。
こないだ休み合わせた日に某デパートのアクセサリー売り場につれていかれて、「好きなん選びー」……と、ひとこと。
はせっちはとてもじゃないけれど一見では、こんな可愛いゆびわ買ってくれたりしなさそうな悪人面(おい)、です。
なんばパークスの強風にあおられてゆらゆら揺れるクリスマスツリーの下で、
「オレのもんな」
って、照れくさそうにわたしの指にはめてくれました。
その顔が可愛くて仕方なくて、胸がぎゅうー!ってなって泣きそうになった
大切にしよう。
ちなみにわたしは今、もふもふマフラーを編んでます


最近読んだ本。


これは素晴らしい漫画だと思う!
サザエさん的な温かみとやさしさを兼ね備えるストーリーながらもユーモア溢れる猫村さんの奉公姿が何とも愛しい。
チャームポイントはもちろん、愛用するエプロンのひもの縦結び。




実は、今度の日曜にうちの本屋さんで結構BIGな漫画家さんのサイン会があったりします。
仕事とはいえ、そわそわ落ち着かない一日になりそうです。
今から先輩と店内を掃除しまくってます(笑)
先輩社員こまっさんが言うには、こまっさんの書店人生(約10年)で
一番BIGな作家さんのサイン会らしいです。
というのも、こまっさんはその先生の大ファン。
当日、熱出しちゃったらどうしよっ!!
って不安に駆られてあわあわ言うこまっさんが可愛くて仕方ないです。
とりあえず、わたしもサイン頂いちゃうこと間違いなしです。






 肉まんとsupernova。
2005/12/13//Tue///23:50


が、手放せない今日この頃です。
どひゃー
ありえへんくらいほったらかしにしてしまいました、恋落ち……
その間にもずっとアクセス頂いていたようで、ありがとうです。
しかもね、なんとなんと、こんぺいとうが一瞬消えた期間があったんですよ(苦笑)
わたしってばロリポさんに入金するのをてっきりさっぱり忘れちゃっててね、気づいたら抹消されてたとですよ
はせっちの家にいる時にそのことに気づいて焦って挙動不審になってたら、それを知ったはせっちが自転車を出してくれて近所の郵便局まで乗せて走ってくれたんです
おかげさまで無事に復活しています。
……といっても、お話ももう一年くらい書いてなくて何の更新もできないので、こんぺいとうは薄々どうしようかなあって迷ってはいるんですけれど。
生きてるのは恋落ちだけだからなあ……


そんなわけで、もうお気づきかと思われますが、わたしとはせっちはラブラブです(笑)
あれから一山も二山もあって、そして三山ほどもふたりでいっしょに乗り越えてきました。
わたしは自分が思ってることを相手に伝えるっていう、とっても当たり前のことがなかなかできない子で、それが大切なひとであればあるほど、それを言うことによって起こる何かが怖くて、こそこそ隠してばかりしてしまうんですけれども。
はせっちは根気強く、そんなわたしの思ってることをひとつひとつ聞き出してくれて。
はせっちがどういうふうに考えてるかとか、思ってるかとか、そういうことも話してくれて。
何度も話合いを重ねてきました。
相手がどんなこと思ってて、どんな人間なのか。
ちょっとずつちょっとずつ、見えてきて。
全部じゃないんだけどね。
それでも、いっしょにいたいね。
いっしょにいると、楽しいね。しあわせだね。
って。
そうお互いに思っていて。
なので、くっついてます。
ぴったりと


前回のブログでたくさんの人にご心配おかけしちゃって、ほんとごめんなさいね。
そして、あったかいお言葉たくさん頂いて、ほんとにほんとにありがとうでした。



●11月07日のコメントへのお返事●

リコさんへ
いつもコメントありがとうですー。
そうなんです。気づけば半年……今ではもう一年が目前に迫ってます。
自分でも思いますよ、はせっちがそばにいてくれてほんとにしあわせだって。
本当なら今頃はひとりだったのかもしれないのに。
はせっちに出会うことができたこと、これも運命なんだろうなあって、思ってます。
きっと、わたしにとって必然だったんです。
ゆっくりゆっくり、ふたりで進んで行きますね。
見守っててやってくださいね。


十六夜さんへ
いやーん、十六夜さんもお辛い時期だったんですねえ。
からだって正直なもので、自分の意思とは裏腹に(いや、ほんとのところはからだの通りだと思う)、涙だって出てきちゃいますよね。
そういう時は無理して止めようとせず、思い切り出ちゃうだけ出しちゃうのがいいですよね。
わたしね、はせっちのことなら、もう一度信じられるかもしれないんです。
今でも正直ちょっぴり怖いけれど、怖がってばかりじゃ前には進めないみたいだし、はせっちの言う事、もうちょぴっとでも、信じてみたいと思ってます。
応援ありがとう。


Tさんへ
ほんとお久しぶりー!
めちゃくちゃ懐かしいよ、Tさん。元気?
故郷の空気は美味しいに違いないね。
あー……、そうなのよ。
わたしどうやら、ほんとにはせっちが大好きなんです。
神様ってば、よくもまあこの人とわたしを出会わせてくれたよなあって。いつになく感謝してる。
それから、Tさんにも、ね。
Tさん、すごいこと言うなあって、めちゃくちゃ感動した。
『全部わたしがやる必要ない。はせっちと半分こ……』
このことば、マジですごい威力発揮した。
どよーんとしてたわたしのこころとからだに、一瞬でぼっと灯りがともったんだよ。
はせっちはね、仕事してる時にも、つらくてしんどくてあっぷあっぷしてるわたしに、こうアドバイスしてくれるの。
『一度に完璧にしようとするからしんどいねん。長い期間をかけて、ゆっくりやっていけばいいねん』
わたしってなぜか凄く自分で自分を追い詰めるから、気づけばいつも絶壁にいててね。
ひとりじゃないのにひとりぼっちだー、とか思っててね。
Tさんやはせっちがそう言ってくれるから、いつも助けられてるよ。
ほんとにありがとね。
またメールもしようね。


あたっくさんへ
あったかいコメント、ありがとうございますー。
実はね、はせっちもあたっくさんとおんなじこと言ってくれてます。
旦那さんのことは、わたし、やっぱり生涯忘れることはできないと思います。
けれど、無理に忘れようとしなくていいんだって。
時々思い出すこともあるだろうけれど、それでもいいよ、それでいいんだよ。
そんなわたしを丸ごと受け入れるからーって。それでも好きなんだよーって。
はせっちは言ってくれます。
そんなはせっちのこと、しあわせにしてあげられてるか?
自分がしあわせになることばかり求めていて、相手のこと、ちゃんと考えてあげられてたのかなあ?
振り返ってみると、わたし、ほんとに自分ばっかだったなあって。思いました。
たまに落ち込むこともあるけれど、はせっちとの今を大切に大切に、歩んでいきたいです。


ゆかさんへ
はせっち側からの視点でコメントくださってありがとう!
そうかあ……そうなんかあ……うん。
なんかね、すっごいすっごい安心できたんですよ。
こないだもね、はせっち言ってくれたんだけどね。
もしも離れてしまうことがあったとして、オレが次に誰かと付き合ったりしても、四六時中わたしのこと考えちゃうだろう。
そんなことになるなら、離れたりしない方が絶対いい。
ずっといっしょにいたいよ。
って。
一山も二山もあっても、決して手を離したりしない彼に、もう少し心をゆだねてみても、信じてみてもいいなあって、思ってます。
ちゃんと正面から見つめあうね。


透さんへ
透さんも辛い過去があったんですねえ。
しかも、わたしの事件と同時期に!
あの時はね、ほんとに、この夜は明けないかもしれない……
って、ぶるぶる振るえてました。
何もかもが嘘であって欲しい。夢であって欲しい。
そう願いながらひたすら窓の外を見つめてました。
そしたら、旦那さんは帰ってこなくても、鳥はいつものようにちゃんと鳴いてくれて。
向こうの方から青白く夜が明けていくのを確認して、ほんとに一ミリくらいだったかもしれないけれど、ほっとするものがありました。
起きるはずがないって思っていたことが起きてしまって、まるで世の中のすべてのことがひっくりかえってしまったように思えて怖かったんだけれど、そうじゃなくて。
あの時の恐怖感は今でもすっかりは消えてくれないけれど、そんなわたしを丸ごと受け入れてくれるはせっちと、これからも笑顔の絶えない日々を送っていきたいです。


?さん
拙いブログですが、読んでくださって、しかもコメントまでお寄せ頂いてありがとうです。
ほんとに、おっしゃる通りだと思います。
どんなに怖くても、どんなに信じ切れなくても。
それでも、前に進まなきゃ……ですよね。
すごく頼りない足取りですけれども、ゆっくりゆっくり、前向いて歩いてます。
たまに立ち止まっちゃうこともあるんですが、その時は、彼が背中を押してくれます。
少しずつですが、彼のこと、信じ始めてる自分がいます。






[TOP]



メロメロパーク

copyright (C) 2006 恋落ち all rights reserved. [ template by *03 ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。